5月10日(火)今日は、皆様にお願いがあります。

 日曜日に丘公園へ散歩に行きました。その時、ベンチに二匹のワンちゃんにお座りをさせビデオで撮影しているご夫婦を見かけました。そばに行って話しかけたかったのですが、きっかけが掴めず、帰りしなにそばによって話をさせてもらいました。
 黒い方のワンちゃんがベルちゃんで、小さな方のワンちゃんがグレイちゃんという名前だということを知りました。
 ベルちゃんは、顔に白いものが少しまじっていましたので、何歳ですかとお尋ねしたら、10歳をこえていますとのことでした。
とても落ち着いていて、マロンの面倒を見てくれそうなワンちゃんでした。しばらく、お話をしてこのホームページの紹介をしてお別れしました。
 その後、ホームセンタに寄ったのですが、偶然ここでもお会いできました。自分達は、またお会いできたことを単純に喜び、帰り道は10歳だといろいろ体も調子悪い所も出てくるので、飼い主さんも気を使うのではないかと話しながら帰ってきました。

 昨日、うれしいことにそのご夫婦の奥様がホームページを見て下さり、メールを頂きました。
その中でベルちゃんが一年前から肝硬変と闘っていることを知りました。その日は、帰宅した後もベルちゃんは吐き気で眠れなかったそうです。
日曜日は、ベルちゃんの調子が良かったので、飼い主さんもうれしくなって少し遠出をしてみたそうですが、夜になり身体の調子が悪くなったようです。今日、ベルちゃんの様態は、回復してきていますとのお知らせを頂きました。
 ベルちゃんは、お医者さんにもかかっているとのことですが、飼い主さんは自分自身でも、もっと何かできることはないかと必死で探しておられ、ベルちゃんの為なら何でもしてあげたいと言っています。
 散歩もままならないベルちゃんのことを思うと、とっても心が痛みます。常にベルちゃんのことを気にかけて生活している飼い主さんも言葉で言えない苦労があることと思います。

 犬と人間との触れ合いは、このホームページに来られている方々は良くご存知のことと思います。言葉を話せない犬が、人間をどれだけ癒してくれているか、また心の支えになってくれているか、皆様も感じておられていることと思います。

 ぜひ、ベルちゃんと飼い主さんにエールを送ってあげて欲しいと思います。この病気に詳しい方や家庭でも何かできることをご存知でしたら、掲示板に情報提供して頂けたらと思っています。
飼い主さんや、ベルちゃんも大変喜ぶと思いますし、病気と闘える勇気が出てくることと思います。
 また、ベルちゃんと同じような病気で苦しんでいるワンちゃんがいましたら、お知らせ頂けると幸いです。

 マロンは、まだ2歳になろうとしている時ですが、いずれ年老いてくることは避けることができません。とても他人事と思えません。犬は人間の10倍年をとると言われています。
 一日でも長く、飼い主さんとの楽しい愛情溢れた生活をベルちゃんが継続できますよう、皆様にも心のご支援をお願いしたいと思っています。


左がグレイちゃんで右がベルちゃんです。


ベルちゃんのおかあさんから、水をもらっています。今日は、暑かったね。


グレイちゃんとベルちゃんは、いつもいっしょなんですね。

ベルちゃんとグレイちゃんは、本当に仲が良いそうです。きっとグレイちゃんもベルちゃんを心配しているんでしょうね。ジャムちゃんは、日光浴がとっても好きだそうですよ。また、丘公園に来る機会があったら、いっしょにマロンと遊びたいですね。ベルちゃん、病気に負けないで頑張ってね。